長年やっていましたブログを事情があって停止。こちらにて新しく始めました。読んだホンの話、旅行の話、そのほか思いつくことあれこれ。だらだらと…
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者カウンター
フリーエリア
最新CM
[02/26 imu]
[02/17 imu]
[01/26 imu]
[01/07 ぶぎょう]
[01/07 ぶぎょう]
プロフィール
HN:
oyai
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
フリーエリア
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はエイプリルフールとかで、一年で一日嘘つかない日ですね。さて昨日の続き。
まずは残りの写真から























庭の石灯籠なんかで一部壊れてしまった物もあったりしますが、これは私が小学生の頃の新潟地震の時に壊れたらしく、まあ逆に言うとあの地震でよくこれだけですんだなと。今回は写真に撮っていませんが、二階から見る景色やら驚きのトイレの天井wやら素晴らしい欄間やら見えない所でのおしゃれやらまあ当時の金持ちの贅沢と粋さがわかる建物で有りました。

楽しげに説明をいただいたガイドの方にも感謝します。とても楽しげに説明をいただき、気がついたら2時間くらい経っていましたw最後にはお話を聞きながら一服。


こちら500円。別のガイドの方のお話を聞きながらいただきました。人によってこの場所への想いにそれぞれの物が有り、その辺も楽しいです。

こちらに見つけた動画貼っておきますのでご覧ください。


http://youtu.be/bdgtQsYEOaM

この後はここから小沢家住宅へと向かいますが、そちらはまた続くと言う事で、今日はここまで。

拍手[0回]

PR
新潟市にある旧斎藤家別邸と言う所をテレビかなんかで見て、気になったので行って見ました。まあ暇だったのでwあまり期待もせずにw

こちらよくある豪農の家とか江戸時代からの豪邸って言うのではなくて、新潟の明治から大正期の財閥の一つの斎藤家が夏を過ごすために大正時代に建てた別邸だそうです。だからそんなに古いと言うわけでも歴史的な建物と言うわけでもありません。

駐車場が無いので近くの新潟市美術館の第二駐車場を利用して歩きます。




こんな感じの路を行くと5分くらいで着きます。


こちら入り口でなんか知人の家にお邪魔しに行った感じですw

で300円払って(この後行ってみる小沢家住宅も込みだと400円)中に入ると市民ボランティアの方が案内してくださいます。時間はありますかと聞かれるので予定時間を伝えるとそれに合わせてくれるらしいです。今回は全く予定ないので「どれだけでも」と伝えると喜んで張り切っておられました。

でガイドの方に連れられて見て回ります。家の由来とか建物や庭の話とか。特に庭は東京の有名な職人さんが作ったそうで、その方の庭ってのは今ほとんど残っていないらしいです。






夏になると木が茂り池の向こうが見えなくなり、滝の音だけが聞こえると言う。それによって涼を感じると言うしかけらしいです。









いろいろ説明を聞きながら庭を巡ります。写真がまだまだ有るのでそちらは次回に回すこととして、まあ庭はすごくいい感じで、また建物もあちこちいろいろ凝った趣向がありまして、まあ品のいい金持ちの贅沢と言うか、これ見よがしでない金の掛け方が洒落ていると言うか。

今これを作るとするとどれだけお金かかるんだか。特に気に入ったのは大正時代に建てた時のガラスがまだはまっていて、その大正ガラス越しに見る庭の景色がなんとも言えず素晴らしい。今の窓ガラスと違いなんかクリスタルガラスを通したような透明感と微妙な硝子の歪み具合がなんとも言えません。



で、この建物も戦後いろいろな人の手に渡ったようで、最後には不動産会社だかの持ち物になり、取り潰してマンションにと言う話が出ていたようです。住民の方の運動で市の物となりこうして開放されているのですが、良くぞ残してくれました。これを一度なくしてしまったら二度と造れない。まあこれほどの物を潰そうとする感覚が哀しいわけですが、バブルだったんでしょうか?
これで300円は安い。写真の続きや近くのスポットは次回にまた続きますが、こちら夏に葉が茂った時を見たいので再訪するつもり。お近くの方、新潟市に来られる方に是非お勧めのスポットです。
なお写真は撮れますが…



まあ時代ですかなw

次回に続く

拍手[0回]

先日、三条に出来たバイキングのチェーン店のワールドビュッフェに行ってきました。祭日前と言うこともあり、七時過ぎに着いたら、ほぼ満車状態。順番待ちの場所も人でいっぱい。前には30組。まあいいやと順番の紙を受け取り待つことしばし。思ったよりは早く入れたかな。
レジでお金(男性1400円女性1200円)払ってカードもらって席へ。
いそいそと皿持っていってきまーす。



手前のが私。向こうのは奥様。

最初の一回目でもうすでにお腹苦しいんだが。

味はまあこんなものかな。
下手なホテルバイキングよりは種類も多くて良いかな。食べ盛りの子供がいる家庭には良いかなと。

で二回目の徘徊。



デザート中心でありますな

チョコフォンデュが
女性に人気とか。
ソフトクリームにかけたら美味しそうなw

最後に苦しかったがご飯もの



カレーとコーヒーでシメ

コーヒーうすかった○| ̄|_

まあ、値段と種類、量のバランス。平日は時間制限無しなんで、家族連れや女子会の人が多かったですね。リピートの人も多いみたいです。

ただ、隣のテーブルの40から50代のおばさんグループ10人くらいがまあうるさいこと。比較的騒ぐ人が少ない中、このグループだけが大きな声で喋る笑う。傍若無人を絵で書いたよう。
うちだけでなく周りの人もうるさそうに見ています。

まあ私隣だったんでもううるさいのなんの。もう少し世間の目と言うか、人の迷惑考えて欲しいですな。女子高生や子供のグループじゃないんだから。何のために年輪重ねてるんだか。年輪は顔のシワだけ?

あんまりうるさいんで注意しましたが。

それ以外はまずまずの満足度かな。ただうちくらいの年齢だとリピートはないか。満腹と場所選ぶ方には良いかと。周りに配慮の出来る方の女子会にはオススメですねw

拍手[0回]

と、言ってもあぶらげがモノマネで挑戦するわけではない。

ネットで見たのでやってみた。

まずは普通にジャガイモ玉ねぎ挽肉で具を作る。味付けは塩コショウと砂糖少々



続いてあぶらげを半分に切り、はしでゴロゴロと上をなぞって、ひっくり返す。




でその中に具を詰めて、口を畳んで形をコロッケ風に整える。



で後はフライパンで焼くのみ。油であげないところがビギナーズの安全に配慮ww

出来上がりは今晩作って見てから報告します。

拍手[2回]



3月3日はもう過ぎましたが何か?

今年から、雪が降っていて湿度も高く、また部屋ではファンヒーターガンガン焚いて寒暖の差が激しい時期に出すのは人形にも良くないだろうという事で、旧暦に従って出すことに決定いたしました。異論は認めない。
まあ単にめんどくさかっただけですがwwww

とは言うものの、今のカレンダーに季節の行事を合わせると何か季節感が違う感じがするのも事実なわけで。ちなみに今年の旧暦3月3日は4月の3日になるそうで、その方がまあ感覚的には春らしいと思います。他のアジアの国では旧暦での行事が多いようにも思われますがなぜに日本だけが新暦?自然の季節に合わせて暮らす。この方が正しいような気もいたしますな。

まあ、もう娘も嫁に行ったので今更文句たれる奴もいませんしな。

さて話変わってそんな昨日のメニュー

先週からワインにプルーン漬けておいたので、それで豚ヒレを煮るという。





なんかイマイチwwww

で、ついでに作ったスープが美味しかったww



こちらは沸かした鶏ガラスープ(市販のスープの素)に、卵一個にパン粉大匙3粉チーズ大匙1、ナツメグひとつまみを混ぜ合わせたものを入れ、攪拌機でぐるぐると。

クルトンがわりに仙台麩(揚げ麩)入れてみたら、これがなんと合う

まあ騙されたと思ってやってみて下さい。
「騙された」って言っても責任は持ちませんがwwww

オヤジのビギナーズの修行はまだまだ続くのであった。

拍手[0回]

≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Copyright c 王様の耳はパンの耳。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / (C) 2006 Edo 3 person Genkotsu. All rights reserved.
忍者ブログ [PR]